大切な猫や犬がいるならペット保険に加入しておこう

犬

安心して飼える環境です

千葉市内には犬、猫を始め、ハムスターやウサギ、フェレットなど、幅広い診療を行っている動物病院が存在しています。犬、猫の去勢、避妊手術も各病院盛んに行われており、条件によって明確な料金設定がなされています。

ドッグフード

人間の接し方次第

生後三ヶ月未満の犬のしつけは、基本的な性格形成に影響します。この時期に飼い主さんをリーダーと認識させることが大切で、十分な愛情を持って接してスキンシップを多く行うことが大切です。また、同時期に排泄のしつけも大切で、上手くリードして楽しく覚えさせるようにします。

ペット葬儀

虹の橋へ向かうペットへ

虹の橋を渡っていくペットを幸せに、ありがとうという気持ちを込めて送り出すために、ペットにもきちっとしたペット葬儀を行ってあげましょう。大阪には無数のペット葬儀を行う会社があります。自分とペットが満足できる会社をあらかじめ選んでおいて、最期が来たときに安心して送り出してあげましょう。

大切な家族を守るために

夫婦とペット

備えあれば憂いなし

ペットブームである昨今、ワンちゃんやネコちゃんと暮らしている人もたくさんいます。また、動物医療の発展に伴い、そのワンちゃんやネコちゃんの寿命も延びてきています。そして、シニア期が長くなることにより、病気などにかかる機会も増えてしまうのです。ペットの治療や手術には、思ったより費用がかかってしまうことが少なくありません。そして、「手術さえすればまた元気な体に戻れるのに、費用が無い」などといった場合、ペットにとっても飼い主にとっても、本当に辛い結果になってしまいます。そこで、ペット保険に加入していることによって、最善の治療を施してあげることができるのです。保険でカバーできる費用の割合や内容は、加入するペット保険によって変わります。通院・入院・手術など全般にカバーできて、飼い主負担は3割から5割のものや、手術など高額な処置のみに特化して、9割をカバーしてくれる保険など、様々です。また、ペット保険は、加入できる月齢・年齢が設定されているものがほとんどです。そのため、その月齢に満たない子や、高齢のため加入可能な年齢を過ぎてしまっている場合などは、基本的に保険に入ることができません。そのため、ある一定の時期を過ぎれば、早めにペット保険への加入を検討した方が良いと言えます。また、一般的にですが、犬猫の病気においては、早い子で3歳くらいから出始めることが増え、シニアに差し掛かる7歳頃からはさらに増加します。愛らしい家族の一員が、その最期を幸せに迎えることができるように、飼い主はできる限りのサポートをしましょう。