大切な猫や犬がいるならペット保険に加入しておこう

人間の接し方次第

ドッグフード

愛情とスキンシップが肝心

犬の基本的性格は、子犬の頃に定着すると言っても過言ではありません。とりわけ飼い犬の性格は人間の接し方の影響を大きく受けます。特に飼い主さんからの影響は大きく、基本的性格を形成する幼い時期の接し方に注意します。その接し方はしつけの一環として、愛情を持ちつつリーダーとして接し続けます。犬のしつけにおいて大切なことは飼い主さんをリーダーと認識させることで、これにより犬のしつけが成り立ち人間社会に上手く適応出来るようになります。逆に犬のしつけが上手く行かないと、飼い主さんを差し置いて勝手な行動が目立つなど、取り返しの付かないハプニングが起こりかねません。そうならない為には生後三ヶ月になるまでに、飼い主さんをリーダーと認識させることが大切です。とはいえ生後三ヶ月未満の頃は愛情欲求が強く、特にスキンシップを多く求めます。これに応えることが大切で、リーダーと認識させながら愛情を持って十分にスキンシップを行ってあげるようにします。この点が不足すると、抱っこはおろか触れることも難しくなりがちです。例えその問題が起こらなくても、他者に噛み付きやすくなったり自身を傷付けるようになる恐れがあります。そうならない為に、生後三ヶ月未満の頃は特に愛情深く十分なスキンシップを行って、飼い主さんを始め他者への信頼関係を築くようにします。そしてその時期に同時に、排泄のしつけも大切になります。犬のしつけで排泄のしつけは重要な位置を占め、これに失敗すると性格形成にも影響する恐れがあるので十分注意します。この点も愛情を持って接し飼い主さんをリーダーと認識させつつ、上手く排泄出来るようになるべく楽しく導いてあげるようにします。